読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツと僕

初めて買ったCDはスピッツの「ロビンソン」。

中学1年のころ。

クラス一の問題児山下くんが口ずさんでいたのを聞いて

「なんて良い曲だ」と思ったのがきっかけだった。

近所のNASA21という名前だけ夢がある田舎のCDショップで8cmシングルを買いました。

カップリングの「俺のすべて」とともにめちゃくちゃ聞いた。

その後出た「ハチミツ」はたしか井上君(仮名)に借りた。

タイトル曲の「ハチミツ」はうなぎの骨が喉に詰まって

愛知医科大学に救急外来に行った時にずっと口ずさんでた。

中学2年のころ。

「チェリー」が流行って、遠足のバスの中でみんなで歌った。

もちろんチェリーのCDも買って、CDジャケットがシールになっていたので筆箱に貼った。

インディゴ地平線は、買ったけど当時はなぜかあまり聞かなかったな。


31歳になってスピッツを聴いても、やっぱり心に染みる。

じじいになっても聴いていたいな。

スピッツは青春。