夜の猫

猿投駅周辺の夜道で出会った子猫はなぜか楽しそうで、でもどこか寂しげで、

疲れきったサラリーマンの心をほっと和ませたのでした。



その子猫の目はサービス残業は良くないよ」と語りかけた。



そんなある日の夜。